HOME相続ガイド相続前 > 財産を把握する

相続ガイド

Step1(2).財産を把握する

相続財産には、大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産があります。

プラスの財産例

現金預金

現金、預金など

有価証券

株式、国債、社債、投資信託など

不動産

土地、建物など

その他

自動車、ゴルフ会員権、貸付金、貴金属、骨董品、家財道具、借地権、著作権など

みなし相続財産※

生命保険金、死亡退職金など
※相続財産ではないため遺産分割の対象となりませんが、相続税の計算上は相続財産とみなされます。

 

マイナスの財産例

借入金

借金、アパートローン、マイカーローンなど

未払金

相続開始時に未払いの医療費、水道光熱費、税金など

不動産

土地、建物など

預り金

親族からの預り金、貸借人からの預かり保証金

葬式費用※

葬儀費用、火葬費用、お寺へのお布施など
※マイナスの財産ではありませんが、相続税の計算上はプラスの財産から控除できます。

みなし相続財産というのは、例えば生命保険金・死亡退職金・生命保険契約に関する権利・定期金に関する権利などがあります。
これらは相続財産ではなく、遺産分割協議で話し合いの対象となりません。ただ、相続財産に限りなく近い性質であるため、相続税の計算上では相続財産に含めて計算することとしています。

ですから、例えば生命保険金であれば、受取人が指定されている場合、受取人が保険会社に請求し、受取人固有の財産となります。

チェックリストを参考に、ご自身やご家族の財産を確認してみましょう。
※チェックリストはあくまで参考ですので、こちらに記載されていない財産もあります。
詳しくは面談にて確認させていただきます。

財産(遺産)の棚卸しリスト
  財産 確認先 主な確認書類 確認事項
金融資産 現金 金庫や引き出し、タンスなど 現金 金額
預貯金 銀行、郵便局、信金、JAなど 預金通帳、残高証明書 金融機関名、本支店名、口座名義、預金の種類、残高
株・債券・投資信託 証券会社 取引残高報告書 金融機関名、証券口座名義、銘柄、株数、債券名・額面、投資信託名など
不動産 土地・家屋 市区町村 固定資産評価証明書、固定資産税・都市計画税の課税明細書 名義人、面積、抵当権設定の有無・債権額、相続税評価額など
法務局 登記事項証明書(登記簿謄本)
法務局 土地の公図、測量図
国税庁HP 土地の路線価図、測量図
貸家・借地 借地人、賃貸者、店子など 賃貸借契約書 契約内容
保険 公的年金 年金事務所 ねんきん定期便、年金振込通知書、年金額改定通知書 年金の種類、基礎年金番号、支給額
企業年金 勤め先または当時の勤め先、企業年金連合会 年金証書など 年金の種類、年金番号、支給額
生命保険・個人年金保険 生命保険会社 保険証券、支払調書など 保険会社名、契約者、保険内容、死亡保障金額、保険受取人名など
退職金 死亡退職金 勤務先 就業規則・退職手当金等受給者別支払調書 金額
その他 ゴルフ会員権、リゾート会員権 ゴルフ場、リゾート会社 会員権の証書など 時価価格
骨董品・美術品・貴金属 鑑定会社 現物、鑑定書など 時価価格
未払金 固定資産税 市区町村 固定資産税明細書 金額
住民税 住民税明細書 金額
医療費 病院(入院していた場合) 医療・入院明細書 金額
借金 住宅ローン・カーローン 金融機関 借入残高明細書 金額
クレジットカード クレジットカード会社 支払い明細書 未払金、リボ払いの金額など
事業の借入金 メインバンクなど金融機関 借入残高明細書 金額
保証人となった借入金 借り入れた人 契約書類 金額

次のページ:(Step.1 現状分析)相続税の試算をする

相続発生前

はじめに

Step.1 現状分析

Step.2 遺産分割対策

Step.3 納税対策

Step.4 相続税対策

Step.5 専門家に相談

image
相続・事業承継センター
<運営:T&A税理士法人>

0120-033-721
(受付時間9:00~17:30)

hello@sozoku-center.com

資料請求