MENU

資料請求

橋本駅から徒歩5分!「相続・事業承継センター」

相続・事業承継センター

HOME相続対策 > 遺言書

相続対策

遺言書

相続対策の第一歩

「相続トラブル増加中!遺言書の準備してますか?」

遺言書とは、自分が亡くなった後の財産について、
「どのように・誰に渡したいのか」を伝えるための法的な文書のことです。
相続が発生したときに、相続人に自分の財産をどうしてほしいのか伝えるために作成します。

遺言書は15歳から作成できる!?遺言書の基礎知識

image

遺言書の基礎知識

遺言書は15歳から作成できる!?

遺言は法律行為になるため、意思能力(適切な判断能力)を持っていることが前提となります。 ですから、たとえ15歳以上であっても、適切な判断能力がない状態で作った遺言は無効になるので注意しましょう。

image

遺言書の基礎知識

法的効力のある遺言書を用意する3つの理由

目安として、まずご自身に財産がある場合は法的効力のある遺言書を用意することをおすすめします。

image

遺言書の基礎知識

遺言書が「ある場合」と「無い場合」の手続きの違い

遺族の負担を軽減するためには、遺言書の内容にも配慮が必要です。

image

3種の遺言書

3種の遺言書

自筆証書遺言書、公正証書遺言書、秘密証書遺言書

遺言書を書いておくべき8人

image
1.夫婦の間に子どもがいない
image
2.相続人が一人もいない
image
3.家業を継がせたい人がいる
image
4.相続財産に不動産が含まれている
image
5.認知していない子がいる
image
6.財産を渡したくない人がいる
image
7.相続人以外に財産を渡したい
image
8.条件付きで財産を譲りたい

遺言書のよくあるご質問

― 相続のご相談はこちら ―

相続の専門家に悩み

相続の専門家に悩みを相談してみませんか?
当センターでは、初回1時間の面談で相続税も方向性も、全てお伝えします。まずはご自身やご家族の状況を1つ1つ整理していくことからはじめましょう。

無料相談のご予約
0120-033-721
受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)
持ち物: 固定資産税評価証明書(コピーで結構です)
料 金: 無料(初回1時間)

遺言書の基礎知識

解決事例

Q&A

0120-033-721
(受付時間9:00~17:30)

資料請求はこちら