MENU

mail
お問い合せ

相続対策

image

「あなたにとって最適な生前贈与とは?」

生前贈与は、相続税を圧縮する方法の1つです。
自分に最適な生前贈与を知りたい方向けに、生前贈与をわかりやすく解説!

01生前贈与のメリットとは!?生前贈与のキホン

生前贈与とは、自分が生きている間に自分の財産を誰かに贈与することです。
誰でも・いつもできる相続対策の1つです。

生前贈与の主な目的は相続税の圧縮です。 相続税は自分の財産に対して課される税金なので、財産が多ければ多いほど相続税も増えます。
相続税が増えると、それだけ財産が目減りしてしまいますし、さらに配偶者や子どもたちといった財産を受け取る側にとって大きな負担となってしまうことがあります。
ですから、生前に贈与して財産を減らしておけば、その分相続税を圧縮でき、受けとる側の負担も減らすことができます。

【贈与税の非課税枠】

生前贈与は財産をもらった側に贈与税が発生する場合があります。ただし、贈与すれば必ず贈与税がかかるわけではありません。
贈与税には主に2つの非課税枠があります。

【非課税枠1】
基礎控除110万円
1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額が基礎控除額の110万円以下であれば贈与税はかかりません。
【非課税枠2】
特例
例えば住宅を取得するために親や祖父母から資金をもらう場合や、孫が祖父母から教育資金を受ける場合など、法律で定められた限度額までは贈与税がかかりません。このような贈与の特例はいくつかあります。

贈与税が発生する場合や、贈与税が発生しなくても特例を使う場合は、財産をもらった人が税務署に申告する必要があります。
贈与税の申告と納税は、財産をもらった年の翌年の2月1日から3月15日までにするのが原則です。

02自分に最適な生前贈与を3ステップで解説

生前贈与のキホンがわかったところで、やはり1番気になるのは「自分に最適な生前贈与は何か?」だと思います。
次の3ステップで最適な方法を見つけてみましょう。

Step.1

自分や家族の相続を
シミュレーション

生前贈与の方法や特例を知る前に、まずはご自身や家族の相続をシミュレーションすることが大切です。その理由は、「目先の節税にとらわれて、本来やる必要のない贈与をして後悔しないため」です。

①財産をあげる側には、どんな財産が・どれくらいあるか?

どんな相続対策においても、まずはご自身や家族の財産を把握することから始めましょう。
財産が把握できていないと、後々相続が発生したときに、遺族間の分割協議で揉め事になったり、相続税にも大きく影響してしまうことがあります。
現預金だけではなく、株や土地などは意外に把握されていない方も多いので、これを機に見直してみましょう。
財産を把握しつつ、不要な財産を整理できると色々とメリットがあります。
例えば、一部を売却して現金化して生前贈与にまわすこともできますし、財産の種類が減ってシンプルになれば、それだけ遺族の手続きの負担が減ります。

 

②財産をあげる側が亡くなった場合、相続税は発生しそうか?

そもそもご自身や家族の相続で相続税が発生するのかどうか知らずに、なんとなく「節税しなきゃ」と考えている方は少なくありません。
また相続税は発生するとしてもかなり少額なケースもあります。
生前贈与で現金を贈与しすぎてしまい、自分が使える財産が手元に無くなってしまっては本末転倒です。
本当に生前贈与が必要なのかを確認するために、ざっくりとした相続税の試算はしておきましょう。

当センターで実際にあった事例

「父の預金を減らせば介護施設費が減るし相続税対策にもなる!?」
相談者 Dさん(60代男性)
ご家族 父Eさん(80代)は介護が必要な状態で介護施設に入居中
父の相続人はDさん(長男)・Fさん(長女)・Gさん(次女)で、Dさんに子が1人いる
相談内容 父の預金残高が1,000万円以下になると介護施設費が20万円から10万円になるので、相続対策も含めて預金を減らした方がいいか?
財産 預金2,000万円・自宅・生命保険

当センターを訪れたDさんの依頼で、Dさんの父Eさんの相続税シミュレーションを行ったところ、相続税は約80万円発生するとわかりました。
それを知ったDさんは「介護費も相続税も下げたいから、何かいい生前贈与の方法はないですか?」と質問されました。
しかしDさんによくよく話を聞いてみると、父の介護施設費は父の年金額を上回っており、年間約80万円の赤字を預金から補填している状態でした。
目先の介護費や相続税を減らすことを考えて、今から預金を贈与しすぎてしまうと、この先、父に現金が必要になったときに工面に困る可能性があります。これでは本末転倒です。
相続税の節税だけを考えたら、確かに生前贈与の方法はいくつかありますが、
・父にこの先どれくらいお金がかかるかわからないこと
・もし対策しなくても約80万円の相続税なら、父の財産からやりくりできるのではないか

と当センターからご説明したところ、Dさんは「安易に父の預金を減らすのはリスクがありますね」と納得されました。

この事例のように、相続税が発生する人でも相続税対策が不要なケースがあります。
目先の節税にとらわれず、まずは現状を知り、自分や家族の将来を見据えたシミュレーションをすることが大切です。
最適な生前贈与は様々なポイントから総合的な判断が必要です。
当センターがでは、こうしたポイント1つ1つをお客様からヒアリングし、贈与税と相続税の節税効果が1番高くなる方法をシミュレーションしていきます。

 

③法定相続人は誰か?財産を誰にどんな目的であげるのか?

例えば自宅を生前贈与する場合、配偶者に贈与したいのか、子どもに贈与したいのかで、方法が変わってきますし、最終的に圧縮できる相続税にも影響します。
また、相続では「遺留分」といって、一部の相続人には最低限の財産を相続できる権利があります。
ですから、特定の人にだけ財産をあげてしまうと、他の遺族がそれに反対して分割協議でもめてしまい、遺留分を請求してくる場合があります。
まずは自分の法定相続人を把握し、誰にどんな目的であげたいのか整理しておきましょう。

より正確にご自身や家族の相続をシミュレーションをしたい方は、ぜひ当センターの無料相談をご活用ください。
・相続税がいくらかかるか
・相続税が1番少なくなる財産の分け方
・自分の法定相続人は誰か?
・それぞれの法定相続人の遺留分を考えると、どれくらい贈与できるのか?

など、初回1時間無料でお客様の相続税の試算と、最適な相続対策を診断いたします。
オンラインでの面談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

 

Step.2

基本の生前贈与
2つ

まずは代表的な2つの贈与方法を解説します。
おすすめポイントと注意ポイントを見て、ご自身に最適なものを考えてみましょう。
image

1.暦年贈与

暦年贈与は、年間110万円以下の贈与なら贈与税がかからず、申告も不要です。相続人に限らず誰にでも贈与ができます。
ただし、亡くなる前3年間の贈与は相続財産として加算されるので注意が必要です。
生前贈与した場合と、しなかった場合で、どれくらい相続税に違いがあるか見てみましょう。

 

(例)夫には1億2,000万円の財産がある。妻はすでに亡くなっていて、3人の子と3人の孫がいる。暦年贈与で毎年110万円を子や孫に暦年贈与した場合。
生前贈与しない 子ども2人と孫1人に贈与
110万円×10年×3人
子ども3人と孫3人に贈与
110万円×10年×3人
遺産総額 1億2000万円 1億2000万円 1億2000万円
生前贈与総額 - 3300万円 6600万円
相続時の遺産総額 1億2000万円 8700万円 5400万円
基礎控除額 4800万円 4800万円 4800万円
課税遺産総額 7200万円 3900万円 600万円
相続税合計 930万円 435万円 60万円
生前贈与による節税額 - 495万円 870万円

贈与しなかった場合・子と孫3人に贈与した場合・子と孫6人に贈与した場合で比較してみると、子や孫3人に贈与した場合は、贈与しなかった場合と比べて495万円も相続税を減らすことができます。
贈与する人数が増えるとさらに節税効果は大きくなり、6人に贈与すると870万円相続税を減らすことができます。
毎年110万円を10年で贈与すると総額1,100万円を非課税で贈与できたことになります。
しかし、もし一括で贈与した場合は、贈与した金額1,100万円―基礎控除110万円=990万円に対して贈与税271万円がかかります。
暦年贈与はなるべく早くから、コツコツと贈与していくことで効果を発揮します。

生前贈与がおすすめな人 □長期的に財産を減らしていきたい方
生前贈与が向かない人 □財産をあげる人が高齢である
□短期間で節税対策をしたい方

 

image

2.相続時精算課税制度

60歳以上の父母または祖父母から、20歳以上の子や孫への生前贈与が2,500万円まで非課税になります。
暦年贈与と比較すると、一度に大きな金額を贈与できるメリットがありますが、この制度は誰にでも有効とは言えないので、事前にシミュレーションすることをおすすめします。

相続時精算課税3つの注意点
(1) 相続時精算課税を採用すると暦年贈与が使えなくなる
(2) 財産をあげた人が亡くなった時に、贈与した分に相続税がかかる
(3) 相続人ではない人に相続時精算課税で贈与すると、相続発生時に贈与された人も相続人とみなされる

例えば、祖父が相続人ではない孫に相続時精算課税で贈与すると、祖父の相続発生時に孫も相続人とみなされ、相続税を計算します。
相続税が発生するような方の場合、相続税額が増える可能性もあるので注意が必要です。

相続時精算課税が
  おすすめな人
□財産を贈与する側に相続税が発生しない方
財産が相続税の基礎控除額以内に収まりそうなので、贈与ではなく相続で財産を引き継ぐ方が得だけど、「今すぐ財産を引き継ぎたい!」という場合に、暦年贈与に比べて一度に大きな金額を渡せます。
□収益物件をもっている方
例えば、賃貸アパートを贈与する場合、贈与した後の収益は贈与された人のものになるので、贈与した人が亡くなった時に賃貸アパート収益分の相続税を圧縮できるメリットがあります。
□値上がりする財産をもっている方
例えば、土地を贈与する場合、贈与後に土地が値上がりしてから贈与した人が亡くなると、値上がり前の土地に相続税がかかるので値上がり分の相続税を圧縮できます。
□財産をあげたい人が明確に決まっている方
例えば孫に教育資金を贈与する場合、財産が相続税の基礎控除額以内に収まりそうなので贈与ではなく相続で財産を引き継ぐ方が得だけど、「大学生になる孫の学費として今すぐ渡したい!」という場合に有効です。
相続時精算課税が
  向かない人
□暦年贈与と迷っている人
相続時精算課税を使うと暦年贈与をすることができなくなります。
□物納を検討している人
土地や建物を相続した場合、その土地や建物で相続税を支払うことができますが、相続時精算課税制度を利用した場合には、生前に受けた土地や建物などは物納に使えません。

 

Step.3

生前贈与の
特例5つ

最後に、生前贈与の特例を解説します。
特例1
image
自宅を配偶者へ贈与

婚姻期間が20年以上ある夫婦は、自宅不動産またはその購入資金として2,000万円までなら贈与税が非課税となります。暦年贈与も利用できるため、年間合計2,110万円までが非課税です。
税務署へ申告しないと適用されない特例ですので注意しましょう。

特例2
image
自宅の新築・改築資金を贈与

相続時精算課税は60歳以上の父母または祖父母が条件でしたが、この特例を使えば父母または祖父母の年齢が60歳未満でも、20歳以上の子や孫にマイホーム購入費用やリフォーム資金を非課税で贈与できます。
贈与額の上限は消費税率や契約期間、省エネ、エコ住宅か否かなどで変わりますので確認しましょう。

特例3
image
子や孫に教育資金を贈与

30歳未満の子や孫の大学費用などの教育資金の贈与は1,500万円まで非課税となります。金融機関で専用の口座を開設し、使った分の領収書を金融機関に提出するのと、税務署への申告が必要です。
贈与された人が30歳になるまでに使い切れなかったお金には贈与税がかかります。

特例4
image
子や孫に結婚資金や子育て資金を贈与

20歳以上50歳未満の子や孫なら1,000万円まで贈与しても非課税となります。
金融機関で専用の口座を開設し、使った分の領収書を金融機関に提出する必要があります。
贈与された人が50歳になるまでに使い切れなかったお金には贈与税がかかります。

特例5
image
障がい者への贈与

特別障害者である特定障害者の方への贈与は6,000万円までが非課税となります。また特別障害者以外の特定障害者への贈与は3,000万円まで非課税となります。
この制度を使うには信託銀行に資金を信託し、金融機関を経由して税務署に届け出ます。
信託口座の資金は、障害者である受贈者の生活費や医療費として定期的に払い出されます。
※特定障害者とは、特別障害者及び障害者のうち精神に障害がある方をいいます。

3ステップで、自分に良さそうな生前贈与がわかってきたと思います。
もっと詳しく内容を知りたい方は、ぜひ当センターの無料相談をご活用ください。
・どれくらい財産をのこし、どれくらい贈与すればいいのか?
・どの生前贈与が1番最適なのか?
・誰にどれくらい贈与すると相続税が圧縮できるか?

など、初回1時間無料でお客様の相続税の試算や、最適な相続対策を診断いたします。
オンラインでの面談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

03こんな方に生前贈与は有効です!生前贈与の活用事例

よくある事例を知ることで、より生前贈与をイメージしやすくなりますので、ぜひご覧ください。

事例1.母の相続で発生する相続税の負担を減らしたい
事例2.財産のほとんどが不動産なので納税資金が心配

 

事例1 母の相続で発生する相続税の負担を減らしたい

相談者 Aさん(60代男性)
ご家族 母Bさん(Aさんの母90代)・父Cさん(Aさんの父80代)
相談内容 母の財産を相続人である父と息子が相続したときの相続税の負担を減らす方法はないか?
財 産 預金が2.3億円
相続税 何も対策しない場合、相続税が約4,300万円かかる

当センターからの提案
母と長男の共同名義で家を購入

「住宅取得資金の一括贈与の特例」と「暦年贈与」を組み合わせて、母が長男に現金を贈与し、二人の共同名義で自宅を購入することで、母の財産を減らすという方法です。
長男は贈与された現金で家を買うので金銭的負担がありません。
この時、長男にどれぐらい現金を贈与して、母の家の持分はどれぐらいにしたらよいかはしっかりシミュレーションします。
結果、このケースでは、Aさんは父と母に相談した上で、共同名義の家を購入することを決めました。
この対策で相続税額は約3,000万円になり、対策前よ り約1,300万円下がることになりました。

事例2 財産のほとんどが不動産なので納税資金が心配

相談者 Hさん(70代男性)
ご家族 妻Iさん(70代)・子Jさん(40代)
相談内容 収益不動産をいくつか所有しているが預金があまりないので納税資金が心配
財 産 預金6,000万円・収益不動産(約6.4億円)
相続税 何も対策しない場合、相続税が約1.2億円かかる

当センターからの提案
収益不動産の一部を子に贈与する

このケースで重要なポ イントは「1.2億円の相続税を手持ちの財産で払えるか」です。
実際には預金が6,000万円しかないため、納税資金が足りません。
そこで父Hさんの収益不動産の1つを子へ贈与する案があります。
年間500万円の利益が見込まれている不動産を贈与することで、贈与後の収益は子のものになり、将来の父の相続税対策になり、相続税の納税資金の確保になります。
結果、このケースでは、Hさんはさっそく子のJさんに収益不動産を贈与しました。
不動産の評価をした結果、収益不動産の建物部分の評価が2,400万円だったので相続時精算課税で建物だけを贈与しました。
そのため子に贈与税はかからず、将来父の相続で発生する相続税も収益不動産の利益から確保できるので、納税資金に悩んでいたHさんは一安心しました。

04贈与は非課税!?生前贈与の注意点

1.名義預金

生前贈与は、自分に最適な方法を正しく活用しないと意味がありません。
生前贈与のルール・条件・期限を守らず、税務署に「これは生前贈与として成立していない」と否認されてしまうと、贈与した財産に相続税が課税される可能性もあるので注意しましょう。
生前贈与が成立する条件は、
・あげる人ともらう人の双方が合意していること
・もらった人が財産を自由に管理・使用できる状態であること

です。
よくある失敗事例として「名義預金」と呼ばれるものがあります。
これは、自分以外の家族名義の通帳を作って、そこへ自分の預金を移し、家族には知らせずに自分だけで管理している状態のことです。

(例)祖父は長年、自分の年金が入ってきたタイミングで一定額をコツコツと孫名義の預金に移していました。
その後、祖父が亡くなり、遺族は慌ただしく通夜や葬儀、銀行や役所の手続きを済ませ、やっとのことで相続税の申告まで終えました。
これで一安心と思いきや、ある日、遺族が片付けをしていたところ、祖父が隠していた孫名義の通帳を発見しました。
どうしたものかと悩んでいたところ、祖父の相続税申告をした税務署から連絡がありました。
税務署側は預金の情報を確認できますので、祖父の預金から長年にわたって一定額が引き出されていることに気づいており、確認の連絡をしてきたのです。つまり税務調査です。
祖父が長年にわたって孫名義の通帳にお金を入れていたことは、祖父以外誰も知らなかったため、生前贈与として成立していない、つまり「名義預金」であると税務署から指摘されました。
そして孫名義の通帳は祖父の相続財産とみなされ、遺族は相続税の修正申告と追加の納付をすることに。
祖父は遺族を想ってお金を用意してくれていたのかもしれませんが、逆に遺族に負担をかけてしまう結果となってしまいました。

この事例のように、生前贈与の注意点を知らずにお金を移してしまい、残念な結果になってしまうケースは少なくありません。
実際に、相続税の税務調査で1番指摘されているのが名義預金だと言われています。
名義預金は間違った相続対策です。
生前贈与として成立させるために、双方が合意の上で、贈与税の有無に関わらず、必ず贈与契約書を作成しておきましょう。

名義預金のチェックポイ ント □孫が贈与の事実を知らない
□銀行印が三文判である
□通帳の中身が預け入れしかない
□孫の通帳や印鑑を祖父母が管理している

 

2.生活費や教育費の贈与は非課税

そもそも家族を扶養するため通常必要とされる範囲での生活費や教育費に贈与税は課税されません。
親から子への学費や下宿先の生活費、結婚費用や出産費用も贈与税は課税されません。
しかし株式・不動産の購入など生活費や教育費以外に使った場合は贈与税が課税されます。
また数年分の生活費や教育費をまとめて贈与した場合、贈与された年に使わなかった分に贈与税が課税されます。

 

3.暦年贈与後3年以内の相続

暦年贈与をした人が3年以内に亡くなると、贈与した財産も相続財産とみなされ、相続税の計算に含めます。
例えば、父が10年間毎年、息子に暦年贈与をしていたとします。
父の相続が発生したとき、亡くなる前3年以内に息子に贈与した財産すべてが父の相続財産とみなされます。
ただし、これは贈与された人が「相続人」だった場合に適用されます。
例えば祖父が相続人ではない孫に暦年贈与して3年以内に亡くなった場合、孫に贈与した財産は相続財産に含める必要がありません。
つまり暦年贈与は、少なくとも3年以上かけて・相続人以外の人に・長期的に行うと効果を発揮します。
贈与者が高齢、または短期間で相続税対策を検討したい方にはおすすめしません。

生前贈与まとめ
  • 生前贈与の前に、まずは相続税を試算しましょう
  • 財産を減らすことだけでなく、どれくらい財産を手元に残すべきかを考えましょう
  • 長い目でみて贈与税と相続税が1番少なく済む方法を専門家と相談しましょう

― 相続のご相談はこちら ―

相続の専門家に悩み

相続の専門家に悩みを相談してみませんか?
当センターでは、初回1時間の面談で相続税も方向性も、全てお伝えします。
まずはご自身やご家族の状況を1つ1つ整理していくことからはじめましょう。

無料相談のご予約
0120-033-721
受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)
持ち物: 固定資産税評価証明書(コピーで結構です)
料 金: 無料(初回1時間)

▲トップへ戻る