MENU

資料請求

橋本駅から徒歩5分!「相続・事業承継センター」

相続・事業承継センター

HOME相続対策遺言書 > 8.条件付きで財産を譲りたい

相続対策

8.条件付きで財産を譲りたい

相続・事業承継センター

相続対策を検討する際、残された配偶者が安全に・安心して暮らせるようにしてあげたいと考える方は多いと思います。
例えば、「母の面倒を見ることを条件に、全財産を長男に相続させる」とか、「母に生活費を渡すことを条件に、自宅の土地・建物を長男に譲る」といったように、条件付きで財産を譲りたい場合は遺言書を用意しておきましょう。

条件付きで財産を譲ることを「負担付遺贈」と言い、相続権の無い第三者にも財産を渡すことができます。
ただし、相手が本当に引き受けてくれるかは、よく検討する必要があります。また他の相続人がいる場合は遺留分への配慮も必要です。
もし条件付きで財産をもらう人(長男)が相続放棄した場合は、負担により利益を受ける予定だった人(母)が相続します。条件付きで財産をもらう人(長男)が負担の義務を果たさない場合は、他の相続人は負担するよう催促できます。そして相当期間内に実行されない場合は、他の相続人が家庭裁判所へ遺言書の取り消しを請求できます。

― 相続のご相談はこちら ―

相続の専門家に悩み

相続の専門家に悩みを相談してみませんか?
当センターでは、初回1時間の面談で相続税も方向性も、全てお伝えします。まずはご自身やご家族の状況を1つ1つ整理していくことからはじめましょう。

無料相談のご予約
0120-033-721
受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)
持ち物: 固定資産税評価証明書(コピーで結構です)
料 金: 無料(初回1時間)

遺言書の基礎知識

解決事例

Q&A

0120-033-721
(受付時間9:00~17:30)

資料請求はこちら