MENU

mail
お問い合せ

解決事例一覧

相続トラブルの解決事例

今まで当センター担当者が相続税の申告や、遺言、生前贈与などでの問題を解決した実績をご紹介します。

民事信託

1.「認知症になった母の自宅は、売却できないのですか?」

【プロフィール】 相談者:遠藤 久子 年齢:60歳 家族構成:独り身で寝たきりの母と2人暮らし 財...

民事信託

2.不動産を息子に継がせて、自分は隠居したいです

【プロフィール】相談者:鈴木 康太 年齢:68歳 家族構成:妻・長男・長女の4人家族 財産状況:収...

民事信託

3.子のいない夫婦なので、自分の財産を引き継ぐ人を決めておきたい

【プロフィール】相談者:斉藤 裕司 年齢:70歳 家族構成:妻と2人暮らし・子無し 裕司さんには弟...

民事信託

4.障がいのある子どもの将来の生活費について悩んでいます

【プロフィール】相談者:杉山 孝一(父) 年齢:65歳 家族構成:子3人(長男・長女・次女)長男に...

民事信託

5.息子に事業承継させていきたいが、経営権はまだ自分に残したい

【プロフィール】相談者:高野 博 年齢:75歳 家族構成:妻・長男・長女 財産状況:自宅・預金・自...

遺言書

1.夫婦の間に子どもがいない

子どもがいない夫婦の場合、自分の死後、のこされた配偶者になるべく多くの財産をのこしてあげたいと考え...

遺言書

2.相続人が一人もいない

法定相続人が既に全員亡くなっている方や、独り身の方など、相続人がいない方が亡くなると、特別縁故者※が...

遺言書

3.家業を継がせたい人がいる

家業を営む経営者の場合、会社の株式や事業用資産を後継者に相続させる必要があります。会社組織ではない個...

遺言書

4.相続財産に不動産が含まれている

国税庁の統計によると、平成28年分の相続税申告における相続財産のうち、不動産が占める割合はおよそ4割...

遺言書

5.認知していない子がいる

法律上の婚姻関係にある夫婦の子どもを嫡出子と言います。それに対し、法律上の婚姻関係にない男女の子ども...

遺言書

1.夫婦の間に子どもがいない

2.相続人が一人もいない

3.家業を継がせたい人がいる

4.相続財産に不動産が含まれている

5.認知していない子がいる

6.財産を渡したくない人がいる

7.相続人以外に財産を渡したい

8.条件付きで財産を譲りたい

 

民事信託

1.「認知症になった母の自宅は、売却できないのですか?」

2.不動産を息子に継がせて、自分は隠居したいです

3.子のいない夫婦なので、自分の財産を引き継ぐ人を決めておきたい

4.障がいのある子どもの将来の生活費について悩んでいます

5.息子に事業承継させていきたいが、経営権はまだ自分に残したい

▲トップへ戻る