MENU

mail
お問い合せ

解決事例一覧

2.相続人が一人もいない

writing-last-will-and-treatment-in-japanese-picture-id955963518.jpg法定相続人が既に全員亡くなっている方や、独り身の方など、相続人がいない方が亡くなると、特別縁故者※が申し立てをしない限り、財産は最終的に国のものになってしまいます。
もしお世話になった人や施設などに財産を渡したい場合は、遺言書を用意しておきましょう。
その際、遺言が確実に実行されるように遺言執行者を指定しておきましょう。
また受けとる側が辞退した場合の処理についても記載しておくとよいでしょう。
※特別縁故者とは亡くなった人と特別な関係があった人のこと。

(例)生計を同じくしていた内縁の夫や妻、事実上の養子、献身的に看護してきた人など
特別縁故者に該当するかどうかは個別の事例ごとに家庭裁判所が判断します。
特別縁故者が申し立てをして、一定の要件と手続を行えば、財産の一部ないし全部を取得できることがあります。

一覧に戻る≫

遺言書

1.夫婦の間に子どもがいない

2.相続人が一人もいない

3.家業を継がせたい人がいる

4.相続財産に不動産が含まれている

5.認知していない子がいる

6.財産を渡したくない人がいる

7.相続人以外に財産を渡したい

8.条件付きで財産を譲りたい

 

民事信託

1.「認知症になった母の自宅は、売却できないのですか?」

2.不動産を息子に継がせて、自分は隠居したいです

3.子のいない夫婦なので、自分の財産を引き継ぐ人を決めておきたい

4.障がいのある子どもの将来の生活費について悩んでいます

5.息子に事業承継させていきたいが、経営権はまだ自分に残したい

▲トップへ戻る