MENU

mail
お問い合せ

解決事例一覧

3.家業を継がせたい人がいる

elderly-employees-educate-new-recruits-using-wireless-technology-picture-id643526836.jpg家業を営む経営者の場合、会社の株式や事業用資産を後継者に相続させる必要があります。
会社組織ではない個人事業主の場合でも、事業用の資産を特定して、後継者に相続させておく必要があります。
なぜなら、後継者に株式や事業用資産を相続できないと、他の財産と一緒に遺産分割の対象となってしまい、事業を継ぐことが困難になってしまうからです。
経営者の方は必ず遺言書を用意して財産の分割について指定しておきましょう。

(例)事業用資産
 不動産・備品・在庫品・原料・営業権・特許権・意匠権・営業権・のれん・現金・売掛金・買掛金・債券・電話加入権 など

また遺言書で財産の分割を5年以内であれば禁止することもできます。 もし相続人全員が同意していれば分割することもできますし、禁止期限後の財産の分割については弁護士などの第三者に委託することもできます。

一覧に戻る≫

遺言書

1.夫婦の間に子どもがいない

2.相続人が一人もいない

3.家業を継がせたい人がいる

4.相続財産に不動産が含まれている

5.認知していない子がいる

6.財産を渡したくない人がいる

7.相続人以外に財産を渡したい

8.条件付きで財産を譲りたい

 

民事信託

1.「認知症になった母の自宅は、売却できないのですか?」

2.不動産を息子に継がせて、自分は隠居したいです

3.子のいない夫婦なので、自分の財産を引き継ぐ人を決めておきたい

4.障がいのある子どもの将来の生活費について悩んでいます

5.息子に事業承継させていきたいが、経営権はまだ自分に残したい

▲トップへ戻る