MENU

mail
お問い合せ

相続ガイド

相続発生前

はじめに

相続対策が必要な人は?

財産が多いか少ないか、相続税の有無に関わらず、どんな相続においても最低限の手続きが必要です。

相続対策のポイントと優先順位

相続発生時のご遺族の負担軽減となる対策を考えることも重要なポイントです。

相続対策のメリット

相続対策には大きく3つのメリットがあります。

相続対策の5ステップ

相続対策の手順を次の5つのステップでご紹介します。順番にお読みいただくと、相続対策の流れがつかめます。

 

STEP.1 現状分析

相続人を把握する

相続税対策で1番はじめにやるべきことは現状把握です。

財産を把握する

相続財産には、大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産があります。

相続税の試算をする

相続税が発生するかどうかは、こちらの手順で計算することでわかります。

 

STEP.2 遺産分割対策

財産の分け方を決める

相続発生後の視点でみた時、ご遺族が財産の分け方を決める方法は主に3つです。

二次相続シミュレーション

財産の分け方を考える上で、二次相続まで考慮することも重要なポイントとなります。

家族会議で想いを伝える

財産の分け方をある程度決めたら、なぜそのように財産を分けたのかについてご家族に伝えておくことをお勧めします。

遺言書

遺言書は、遺言者(被相続人)の意思によって財産の分割方法を決められるメリットがあります。

 

STEP.3 納税対策

分けられる財産にする

相続税を納めるためのお金の準備でポイントとなるのは、現預金や生命保険といった受け取る側にとって扱いやすい資産に切り替えることです。

生命保険

相続税を納めるためのお金の準備としてぜひ活用しておきたいのが生命保険です。

 

STEP.4 相続税対策

財産を減らす

相続税対策と聞くと、まずは「節税しなくては!」と考え始める方が多いのですが、実は相続税については最終段階で考えていきます。

評価を下げる

現金よりも不動産で財産を持っている方が評価が下がることを利用して、相続税を圧縮する方法があります。

 

STEP.5 専門家に相談

相続の専門家とは

相続の専門家と言える人の数は、実はそれほど多くありません。

相続に強い専門家の見極め方

相続に詳しい専門家とはどういう人なのか、わかりやすい事例でご紹介します。

相続発生前

  1. はじめに
  2. STEP.1 現状分析
  3. STEP.2 遺産分割対策
  4. STEP.3 納税対策
  5. STEP.4 相続税対策
  6. STEP.5 専門家に相談

▲トップへ戻る