MENU

資料請求

橋本駅から徒歩5分!「相続・事業承継センター」

相続・事業承継センター

HOME相続ガイド相続後 > 遺産の分け方を決める

相続ガイド

Step.3(3) 財産の分け方を決める

財産の分割には4種類の方法があります。

image

現物分割

財産を現物のままの状態で取得者を決める方法
例)自宅を配偶者に、賃貸不動産を長女に相続させる

image

換価分割

財産を売却して、売却代金を分割する方法
例) 土地を売却して現金化し、現金を相続人で分ける

image

代償分割

相続人のうち一人または数人が財産を取得し、他の相続人に代償金を与える方法

image

共有分割

個々の財産を相続人間で共有する方法

遺された財産が現金や預金であれば、現物分割で平等に法定相続分の割合で分けることができます。
一方、財産が分けにくく、相続人全員が納得するような分割が難しい場合は換価分割代償分割という方法をとることがあります。
例えば土地建物やマンションのような不動産については、法定相続分の割合で共有にしてしまうと、後々売却するかどうかで仲違いしてしまう場合があります。
したがって不動産を法定相続分の割合で共有分割するのは、あまりお勧めできる方法ではありません。このような場合に、1人の相続人にその不動産を相続させる代わりに、他の相続人に対して代償金を支払うという方法がよく行われます。それが代償分割です。

 

次のページ:遺産分割協議書の作成

相続発生後

Step.1 相続人・相続財産の調査

Step.2 準確定申告

Step.3 遺産分割協議

Step.4 遺産の名義変更

Step.5 相続税の申告と納付

Step.6 専門家に相談

image
相続・事業承継センター
<運営:T&A税理士法人>

0120-033-721
(受付時間9:00~17:30)

資料請求

0120-033-721
(受付時間9:00~17:30)

資料請求はこちら